PAPASU

3児の父。物は少量。

古い映画のDVDを買いました。

f:id:pepsi-nex-1:20190106014853j:plain

今日は6時に起きました。昨夜に久しぶりに外で食事をして帰りが遅くなったせいです。全く夜の付き合いをしないストイックな性格だと思われるかも知れませんが、たまにはそういった会合に出ることもあります。ちゃんと楽しく呑んできました。

 

昨日書き忘れていましたが、『ミニマリスト家族の本(仮名)』は昨日と一昨日と合わせて2000文字書きました。だんだん形が見えてきました。ここまで書けばあとはペースアップできるでしょうか?

 

日曜日ですので、サッカーと剣道の日です。今年小学生になる次男も半年前からはじめました。最初は嫌がったのですが、少しずつサッカーの服を着せていき、練習に参加させずに見学だけさせて慣れさせていきました。

 

ある日、挨拶のために集まっているサッカーのチームメートの真ん中に、ぽんとおいてきました。はらはらして見ていましたが、休憩で帰ってきたときに「たのし~」と言ってくれて涙がにじむほど嬉しかったのを覚えています。あのイヤイヤ期の西日本代表選手になれるくらいの次男が、発表会でもイヤイヤ言って先生に端っこで抱っこされているだけだった次男が、みんなとボールを追いかけているのです。

 

親がさせるのではなく、子どもがしたいという時にさせるのが子育てのセオリーとしてあります。無理やり入れたら子どもがその競技を嫌いになって、余計しなくなるのが理由です。しかし、子どもにとって世界は未知であふれています。ある程度親が道筋を選んであげてぽんとおいてあげることも必要かなぁと思います。

 

もちろん子どもがサッカーをやめてバスケットボールをしたいと言えば応援します。ただ僕のスケジュール的に連れていくのは難しいので、自分で通える年齢になれば好きなことをすればいいと思っています。

 

最近DVDを一枚買いました。我が家にはDVDプレーヤーはありません。つまり家で見られないのにDVDを買ったのです。『ミザリー』というスティーブンキングが原作の古い映画です。僕がいままで観た映画の中で文句なしのナンバーワン。原作も買って読みましたが、映画がなんといっても素晴らしい。たしかアカデミー賞も何個か獲っていました。主演女優賞のアニー役のキャシー・ベイツの演技は圧巻。

 

とにかく震えるくらいすごい。夏に自宅で見たときにポップコーンを食べるのも忘れ、手が汗でびっしょりぬれ、座っているソファーもお尻のあとが残るほどの衝撃でした。しばらく口も利けないほどの衝撃でしたね。

 

DVDでレンタルして観たし、オンデマンドでもレンタル料を払って観ました。今回『ミザリー』のDVDを買った理由は友人に貸すためです。同じ衝撃を受けるかはわからないので、僕がお金を出して買って貸しました。

 

返ってきたらまた観たいと思います。

いつか夏のミニマリストキャンプで『ミザリー』鑑賞会をしたいと企んでいます。