PAPASU

3児の父。物は少量。

【剣道】我が家の子どもの習い事。何より大切な子どもの成長。

f:id:pepsi-nex-1:20180930044832j:plain

あなたは子どもの習い事で何をしようか迷ったことはありませんか?

僕もすごく迷いましたが、今は我が家の小学校3年生と幼稚園児の次男は『サッカー』と『剣道』に通っています。

 

僕は中学高校とサッカー部でしたので『サッカー』は経験があります。

しかし『剣道』は今まで授業でも全くやってこなかったので、未知の世界です。

 

しかし、『剣道』はじめて1年。

たくさんのことを学べました。

今日は子どもの成長のために『剣道』を初めてよかったことを紹介します。

剣道を始める

『剣道』はたくさんの道具が必要です。面に胴に垂れ、小手、竹刀など持ち運ぶカバンも必要です。もちろん月謝も時間も必要。

物が増えるのは嫌いじゃなかったの??

嫌いじゃないよ。
子どもの成長のために必要と思えばなんでも買うよ。 

長男がある日突然「剣道がやりたい。」と行ってきたので、その週のうちに見学に行きました。

そのまま、すぐに入会しました。

 

すでにサッカー教室にも行っていましたが、なんとか時間の都合もつきました。

 

『剣道』のイメージは「臭い」「イタイ」「怖い」「暑い」など勝手なイメージで避けていたこともありました。

しかし、長男が自分から『したい』と主張してきましたし、大きな声でかっこよく挨拶できるようになってほしいと思い決断。

 

そして、その『剣道』をはじめた決断は間違いじゃなかったとわかりました。

 

子どもの成長にとってたくさんいいことがありました。

 

剣道を初めて、子どもの教育に素晴らしいと思える点は

  • 挨拶が大切
  • 姿勢が大切
  • 道具の着方が大切

 

挨拶

『剣道』など日本の武道教育は挨拶を大切にしています。

 

小学校の体育館であっても、道場であっても入る前には頭を下げて

お願いします!

帰る前に振り返り頭を下げて

ありがとうございました!

と大きな声で挨拶します。

幼稚園児から大人まで全員します。

 

次男が大きな声で挨拶できた時は目頭が熱くなり今まで思いが込み上げてきました。

関連記事紹介

次男の大変だった時期の記事はこちらです。

『イヤイヤ期』に悩むあなたへ。次男の保育園の発表会の物語。 - PAPASU

剣道は姿勢が大切

f:id:pepsi-nex-1:20181001040044j:plain

剣道は姿勢が本当に大切。いつも家でだらだらゴロゴロしている自分の子どもがビシッと立っている様は感動もの。

 

少しでも身体が崩れていると、先生から細かく指導されますので、自然と姿勢がよくなってきます。

 

試合でも、姿勢よく立って打たないと相手に自分の竹刀が当たっても「1本」にはなりません。

着装

『着装』とはそのままの意味では衣服を身につけるという意味のコトバですが、入会した剣道道場の世界では『綺麗に道着を着る』意味で使っていました。

服を綺麗に着れなければ、姿勢も正せないし、綺麗な面を打てずに試合でも負けると言われます。

 

そもそも昇段試験時の審査時に綺麗に道着や道具を着けていないと、いくら強くても昇段できません。

 

面や胴を着ける時のヒモの結び方まで細かくチェックされます。

まとめ

本当に『剣道』を初めてよかったです。

次男も最初は嫌がってましたが、僕と一緒に竹刀を振る稽古を端っこで初めて少しづつ慣れて、今は楽しんでます。

『剣道』を初めて自信がついたので、『サッカー』もはじめることが出来ました。

 

父である僕が全くやったことがなかった『剣道』。

挑戦してよかったです。

 

何より大切なのは親も一緒に挑戦することなのかもしれません・・・。