PAPASU

3児の父。物は少量。

アラジン『ブルーフレーム』のシーズンオフからの点火方法。

f:id:pepsi-nex-1:20181115182421j:plain

寒くなってきましたね。

 

じんわりと暖かいアラジン『ブルーフレーム』の季節がやってきました。

 

シーズンオフからの点火には少しコツが必要なアラジン『ブルーフレーム』。

 

今日はシーズンオフから引っ張り出してきたアラジン『ブルーフレーム』の点火方法を紹介します。

全体を水吹き

f:id:pepsi-nex-1:20180903200422j:plain

まずはクローゼットの中から引っ張り出してきたアラジン『ブルーフレーム』の全体を水吹きします。

 

細かいホコリや汚れなどは綺麗な燃焼の妨げになりますので、底のホコリまで綺麗に吹きましょう。

芯の掃除

f:id:pepsi-nex-1:20181113021520j:plain

引っ張り出してきたアラジン『ブルーフレーム』の燃焼部分の芯はなんだか白く炭化していました。

 

去年灯油を全て使い切ろうと、空焚きにしてしまったのでしょうか?

思い出せませんが、まず芯を綺麗にしましょう。

アラジン『ブルーフレーム』芯の掃除

f:id:pepsi-nex-1:20181113021749j:plain

まず、燃焼部の内円盤を取り外します。

そして、芯クリーナーを装着し少し浮く程度にツマミを回して芯を持ち上げます。

f:id:pepsi-nex-1:20181113021958j:plain

芯クリーナーを回して芯を綺麗にします。

仕上げに指で芯を整えます。

f:id:pepsi-nex-1:20181113022102j:plain

内円盤を戻して終了です。

f:id:pepsi-nex-1:20181113022132j:plain

灯油を入れよう

f:id:pepsi-nex-1:20181113022252j:plain

シーズンオフには灯油を空にして保管しているので、灯油を満タンに入れましょう。

 

乾燥している芯に灯油が染み込むまで約1時間点火しないようにしましょう。

 

しっかりビニールに包んで乾燥しないように保存していた人は大丈夫なようです。

僕が芯がカラカラに乾いていたので1時間待ちました。

アラジン『ブルーフレーム』の点火

f:id:pepsi-nex-1:20181113022639j:plain

我が家はマッチが現役。

濡れに注意しないといけないですが、オイル切れの心配なしのマッチがアラジン『ブルーフレーム』にはぴったり。

 

今の子どもたちの中にはマッチを見たこともない子もいるそう。

 

古き良い時代を教えるため、火の便利さ・怖さを教えるためにもマッチを使っています。

燃焼部のツマミ調整

f:id:pepsi-nex-1:20181113022132j:plain

燃焼部のツマミを回して、内円盤の上から4~5程度の穴が見えるように芯を調整します。

 

後はマッチで芯の周りに火をつけて行きます。

灯油がしっかり浸透していれば簡単に火が周ります。

f:id:pepsi-nex-1:20181113023309j:plain

火が回り出したら本体の上部を元に戻します。

f:id:pepsi-nex-1:20181113023419j:plain

ツマミを調整して全体に美しい青い炎のブルーフレームになるように調整します。

f:id:pepsi-nex-1:20181113020720j:plain

まとめ

アラジン『ブルーフレーム』のシーズンオフからの点火方法を紹介しました。

美しい青い炎がポカポカと癒しを与えてくれます。

 

冬の間は、アラジン『ブルーフレーム』でおでんを作ったり、焼き芋を作ったり、正月にはお餅を焼いてぜんざいを作ったりと大活躍。

 

石油ストーブは手入れなどメンテナンスや火の扱いに注意が必要ですが、子どもたちにとっても大事な火の教育道具にもなります。

 

安全に注意して今年もアラジン『ブルーフレーム』生活はじめます。

追伸

小さな子どもがいるならストーブガードは必須です。

アラジン『ブルーフレーム』におすすめのストーブガードはこちらで紹介しています。

ブルーフレーム専用の美しい『ストーブガード』。子どもがいる家庭では必需品。 - PAPASU