PAPASU

3児の父。物は少量。

家族のミニマリスト向け。今作るべきクレジットカード。

f:id:pepsi-nex-1:20181121060225j:plain

ミニマリスト・断捨離ブームだけではなく、国が東京オリンピック2020が開催にあたって、キャッスレス化に向けての政策に乗り出しました。

 

キャスレスにはまずクレジットカードを使うことが必須です。

 

しかし、世の中にはたくさんのクレジットカードやポイントカードが数えきれないほどあふれています。

 

あなたの財布は、パンパンに膨れたフグのようになっていませんか?

 

たくさんのポイントカードやクレジットカード、レシートなどを断捨離して財布をスリムにすれば、頭の中も家計もスッキリして管理がしやすくなります。

 

ミニマリストな家族に向けておすすめ出来る、財布に入れるべきクレジットカードを紹介します。

メインのクレジットカードを決める

たくさんのクレジットカードを作ってしまうと、どれくらい使ったのかわかりにくくく、家計管理が面倒になります。

 

メインのクレジットカードを1枚決めると家計管理がめちゃくちゃ楽になります。

 

さらに支払いに使うクレジットカードを1枚にする事で、クレジットカード会社からの信用が上がりグレードの高くサービス内容もいいゴールドカードやプラチナカードの招待が届くようになります。

 

しかし、そのゴールドカードやプラチナカードがあなたにとって年会費が高く、使いにくいカードなら意味がありません。

 

最初は年会費が無料のゴールドカードをゴールに設定しましょう。

年会費無料のゴールドカードを目指す

世の中には年会費無料で使えるゴールドのクレジットカードが存在します。

 

僕は家族の海外旅行を考えて、年会費2万円(家族カード1枚無料)のプラチナカードを使っていた時もありました。

f:id:pepsi-nex-1:20181121055544j:plain

 

しかし、子連れの海外旅行保険では、大人しく出来ない子どもたちとラウンジをゆっくり使う時間はないですし、空港内の遊具で身体を使って遊んで疲れて機内で寝るのが最強のプランです。

 

手荷物も少ないミニマリスト家族はプラチナカードの年会費を使いこなせないことがわかりました。

もちろん旅行保険の保障金額は下がります。
それでも僕はプラチナカードをやめてゴールドカード2枚体制にします。

エポスカードでゴールドカードを取得

f:id:pepsi-nex-1:20181121055516j:plain

夫婦になったら家計管理にまずメインに『エポスカード』を使うことをおすすめします。

 

いきなり『エポスゴールドカード』を申し込むと年会費が5000円かかるのですが、招待されたら年会費はずっと無料で使い続けることが出来ます。

 

エポスカードを年間30万円〜50万円利用していれば『ゴールドカード』の招待が届くようです。

 

光熱費や食費、家族のスマホ代をエポスカードにすればそれくらい行くね。

家族をエポスゴールドに招待

f:id:pepsi-nex-1:20181121054859p:plain

エポスゴールドカードになれば、18歳以上の家族をエポスゴールドに招待が出来るようになります。

 

招待された妻(もしくは夫)も年会費は永年無料です。

 

もちろんポイントの期限もないですし、海外旅行の保険も持っているだけで自動で付きます。

 

家計をたったの1年ほどエポスカードにするだけで『ゴールドカード』が夫婦で持てるようになります。

 

海外ではゴールドのカードが威力を発揮することも多いので、年会費無料で気軽に『ゴールドカード』が夫婦それぞれに持てるエポスカードが最強です。

まとめ

やっとキャッシュレス化に向けて加速しだした日本。

 

地方ではまだまだ普及は先になりそうですが、今やコンビニの数百円の決済でもクレジットカードや電子マネーを使っているのをよく見るようになりました。

 

クレジットカードを作るときは、その先の『ゴールドカード』まで考えて作るのがおすすめ。

 

『エポスカード』なら夫婦で2枚簡単に無料で『ゴールドカード』が持てるようになります。

追伸

『エポスゴールドカード』が出来たら次はメインの支払いを『イオンカードセレクト』にして、年会費無料のゴールドカードさらに増やすのがおすすめ。