PAPASU

3児の父。物は少量。

iPhoneSEをバッテリー交換プログラムに。配送修理が安くて便利だった。

f:id:pepsi-nex-1:20181128055955j:plain

iPhoneのバッテリー交換は2018年内がおすすめ。

 

保証が切れているiPhoneの場合8800円(税抜)かかるところが2018年内なら3200円(税抜)で出来ますので、大変お得にバッテリーを交換することができます。

 

2019年以降はiPhoneX以降モデルの場合、7800円(税抜)に、その他の全てのiPhoneモデルの場合は5400円(税抜)になるようです。

f:id:pepsi-nex-1:20181127041404p:plain

iPhone のバッテリーと電源 - Apple サポート 公式サイトより

バッテリー状態確認

f:id:pepsi-nex-1:20181127043019p:plain

バッテリーの最大容量の確認はiPhoneの

設定→バッテリー→バッテリーの状態

で確認することができます。

 

バッテリーの最大容量が80%以下、または500回以上の充電で交換が推奨されています。

 

僕のiPhoneSEの場合、毎日充電していたと過程すると(実際ほぼ毎日充電していた)900回以上充電していたと予想されます。

 

実際の充電回数は『Apple Store 直営店』に行けば確認してもらえるよ。

 

2年以上使っていれば500回充電していると思うので、この機会に交換しておくとiPhoneをさらに長く使えるようになります。

 修理オプション

f:id:pepsi-nex-1:20181127042018p:plain

iPhone のバッテリーと電源 - Apple サポート 公式サイトより

iPhoneのバッテリーを交換するには、『配送修理』か『持ち込み修理』を選ぶことができます。

 

オススメは『配送修理』です。

 

『持ち込み修理』の場合でもリペアセンターに送られて1週間ほどかかる場合もありますので、代替え機は必要な場合もあります。

 

何より、『Apple Store 直営店』または『Apple 正規サービスプロバイダ』の予約がいっぱいです。

 

『Apple Store 直営店』または『Apple 正規サービスプロバイダ』に行くまでの交通費や自分の大切な時間を節約するためにも、もし自宅に代替え機があるなら、迷わず『配送修理』を選びましょう。

 

『配送修理』を以来すれば、次の日には『ヤマト運輸』が直接自宅に取りに来てくれて、梱包もせずに本体を渡すだけで依頼することができました。

 

バックアップはこの機会にしっかりしておこう!!

参考:【警告】スマホが壊れても大丈夫?写真をバックアップしておこう。 - PAPASU

 

f:id:pepsi-nex-1:20181127044310p:plain

まとめ

f:id:pepsi-nex-1:20181117033408j:plain

『iPhoneSE』最新でも防水でもお財布機能もないが、最高であり続ける理由。 - PAPASUより

待ち時間や交通費など考えると直接自宅に取りに来てくれる『配送修理』が安くて便利でした。

 

2018年内であれば3200円(税抜)でバッテリーを交換できるので、もし自分のiPhoneのバッテリーが劣化していて、まだまだ長く使いたいならこの機会に交換しておくのがおすすめ。

 

あなたのiPhoneの『バッテリー状態』確認してみてはいかがでしょうか?

新しいバッテリーで2年半使えたら、
5年以上同じiPhoneを使えるの?
すごくワクワクしませんか?