PAPASU

3児の父。物は少量。

『TOAKS チタンサイフォンアルコールストーブ』自分では作れないクオリティ。

f:id:pepsi-nex-1:20180830053623j:plain

ついにアルコールストーブを買いました。

以前は僕が欲しいと思えるシンプルなデザインのアルコールストーブがなく、自作したアルコールストーブを使用していました。

今回、TOAKSの『チタンサイフォンアルコールストーブ』を発見し即購入してしまいました。

右に写っているのが今まで愛用していた自作のアルコールストーブです。

f:id:pepsi-nex-1:20180830053705j:plain

今まで何個も作ってやっと納得のいくアルコールストーブが出来たのですが、耐久性が問題でした。

 

今では、下の写真のように自作したアルコールストーブは火をつけると接着していた所から漏れがあり、燃費がものすごく悪いです。

 

青い炎のTOAKSの『チタンサイフォンアルコールストーブ』は自作したアルコールストーブの2倍燃費がよく、少ない燃料でたくさんのお湯が沸かせます。

f:id:pepsi-nex-1:20180830053743j:plain

もう1つ自分でアルコールストーブを自作してもよかったのですが、材料集めや作成工程にどうしても1時間はかかってしまいます。

 

そこで購入してみようと考えたのです。

 

これまでアルコールストーブ買わなかった理由はたった1つ。

 

以前は欲しいと思えるアルコールストーブがなかったからです。

そんな僕がTOAKSの『チタンサイフォンアルコールストーブ』を買ったのにはもちろん理由があります。

  • シンプルで美しいデザイン
  • 超軽量のチタン製

です。

シンプルで美しいデザイン 

f:id:pepsi-nex-1:20180830054026j:plain

 

自分が納得して選んだシンプルで美しいデザインは満足感が全然違います。

3年ほど前からアルコールストーブを自作してましたが、シンプルで美しいデザインのアルコールストーブは1つしかありませんでした。

 

それはアルミニウム製のアルコールストーブでした。

シンプルで美しいデザイン、コンセプトも文句なしでしたが、アルミ製で8000円以上では購入に至りませんでした。

超軽量チタン製

TOAKSの『チタンサイフォンアルコールストーブ』を買った最大の理由はチタン製で出来ているからです。今までチタン製のアルコールストーブはあるにはありましたが、デザインが僕好みではありませんでした。フラットでシンプルなデザインが僕の好みだからです。  僕は物を所有するときに機能も大切ですが、心から欲しいと思えるデザインの物しか満足感が得られないことがわかりました。TOAKSの『チタンサイフォンアルコールストーブ』は機能だけでなくデザインも最高です。超軽量の約20g。
 
チタン製なので丈夫な最強の本体。
 
使えば使うほど、まるでクラシックカーのように道具としての風格が備わって来るはずです。

まとめ

数年越しについに購入したTOAKSの『チタンサイフォンアルコールストーブ』を紹介しました。

デザイン、素材、機能とも僕の用途では最高です。

 

ソロキャンパーだけでなく僕のようにファミリーキャンプ でも1つあれば大活躍間違いなし。

 

TOAKSの『チタンサイフォンアルコールストーブ』おすすめです。

※2018年8月現在なぜか楽天では6000円以上ですので約4000円で帰るAmazonがおすすめです。

日本企業と中国企業が特許を巡り法廷で争っているそうです。 追加情報がわかり次第追加投稿いたします。